Loading...

トヨニシファーム

トヨニシファームは十勝のど真ん中で牛を育てています。ホルスタインを中心に元気な牛達を育てるため、日々奮闘しております。

取り扱い店 採用 トピックス サイト内検索 RSSフィード
Facebook Twitter LINE Instagram

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 牧場のしごと。堆肥出し、敷料撒き
牛が過ごしやすい環境を維持するため、病気や転倒などのケガ予防の為、定期的に牛舎の床に敷いている敷料を取り替えます。
敷料は主におがくずを使用しています。
まずショベルで中央付近を削り拾います。

壁や柵の近くは人の手でスコップなどを使って中央に運び、再度ショベルで排出します。

排出した古い敷料は堆肥となります。隅、角付近は固くなっているところがあるので、スコップ、フォークで掘り起こしながら奇麗にします。堆肥を出し終えたら、おがくずを主とした新しい敷料を撒いていきます。

敷料はショベルを巧みに操作し広く平均した厚みに撒きます。

1か所(牛舎全体の1/4)ショベルで3杯分くらいを入れたのち、手作業で隅々まで敷料を敷いていきます

敷料が薄いところがあると転倒の原因になるので、注意しながら敷いていきます。

作業が終了したら、牛を戻します。ふかふかな新しい敷料は牛たちも気持ちよさそうです。

このページをシェア

↑ページ先頭へ