Loading...

豊西牛

帯広牛

正肉

マエ

大きく肩ロース(ネック付)、ウデ、マエバラに分かれます。

ロイン

リブロース、サーロイン、ヒレに分かれます

モモ

ランイチ、ソトモモ、ウチモモ、シンタマに分かれます

バラ(トモバラ)

ナカバラ、ソトバラに分かれます。総称してトモバラと呼びます。

その他

内臓

赤モツ

白モツ

その他内臓

正肉・内臓以外

トヨニシファーム牛肉3D部位解説Beef 3D part commentary

説明、特長/

牛の頬です。牛は反芻をする動物なので、頬の筋肉はとてもよく動き、硬く歯ごたえがあります。
しかしながら脂肪とゼラチン質(コラーゲン)を多く含むので、長時間煮込む事によりとろとろな食感に変わります。
また、強い旨味が特徴で煮込むほどに美味しくなります。フランス料理の赤ワイン煮が人気です。
※こめかみ部分とともにカシラとも呼ばれておりましたが、日本でのBSE発生以降、牛のこめかみ部分は流通されておりません。


お勧め料理/

煮込み料理

取扱い参考重量/

約0.9kg(2枚1頭分 ※豊西牛として)

取扱い参考歩留り/

90%

このページをシェア

  1. ホーム
  2. トヨニシファーム牛肉3D部位解説
  3. ホホ
部位一覧
↑ページ先頭へ