Loading...

豊西牛

帯広牛

正肉

マエ

大きく肩ロース(ネック付)、ウデ、マエバラに分かれます。

ロイン

リブロース、サーロイン、ヒレに分かれます

モモ

ランイチ、ソトモモ、ウチモモ、シンタマに分かれます

バラ(トモバラ)

ナカバラ、ソトバラに分かれます。総称してトモバラと呼びます。

その他

内臓

赤モツ

白モツ

その他内臓

正肉・内臓以外

トヨニシファーム牛肉3D部位解説Beef 3D part commentary

ミノ

英名:Mountain chain tripe、 Rumen pllas

主な筋肉/第一胃(筋柱)

語源/切り開いた形が簑傘に似ていることからミノと呼ばれています。別名モウセン

脂の少なさ/★★★

柔らかさ/★

希少性/★★★★

詳細 公式ショッピングサイト

説明、特長/

牛の第一胃の中の筋柱にあたります。
牛の第一胃は腹腔の大部分を占める巨大な内臓で医学的にはルーメンと呼びます。
第一胃自体は大きいのですが、ミノは厚みのある筋柱部分からしか取れません。
弾力性のある歯ごたえと淡白な味わいが特徴です。肉質は硬いため、包丁で切り込みを入れて食べやすくするのが一般的です。
白モツの中では臭みも少なく食べやすい部位で、タンパク質、ミネラル、ビタミンをバランス良く含んでいます。
またミノに甘い脂が挟まっている部分をミノサンドと呼び、より希少性が高い部分となります。

※月齢の長い経産牛(およそ1000日以上)は筋柱部分が太くなり、太い部分が「上ミノ」として流通されます。
豊西牛は去勢牛(オス)、また肥育日数が600日程の為、残念ながら「上ミノ」は取れません。


お勧め料理/

焼肉用

取扱い参考重量/

約2.3kg/1頭分(モウセン)
約0.8kg/1頭分(ミノサンド)

取扱い参考歩留り/

80%

このページをシェア

  1. ホーム
  2. トヨニシファーム牛肉3D部位解説
  3. ミノ
部位一覧
↑ページ先頭へ