Loading...

トヨニシファーム

トヨニシファームは十勝のど真ん中で牛を育てています。ホルスタインを中心に元気な牛達を育てるため、日々奮闘しております。

豊西牛(全身)

正肉

マエ

大きく肩ロース(ネック付)、ウデ、マエバラに分かれます。

ロイン

リブロース、サーロイン、ヒレに分かれます

モモ

ランイチ、ソトモモ、ウチモモ、シンタマに分かれます

バラ(トモバラ)

ナカバラ、ソトバラに分かれます。総称してトモバラと呼びます。

その他

内臓

赤モツ

白モツ

その他内臓

正肉・内臓以外

豊西牛(全身)

正肉

マエ

大きく肩ロース(ネック付)、ウデ、マエバラに分かれます。

ロイン

リブロース、サーロイン、ヒレに分かれます

モモ

ランイチ、ソトモモ、ウチモモ、シンタマに分かれます

バラ(トモバラ)

ナカバラ、ソトバラに分かれます。総称してトモバラと呼びます。

その他

内臓

赤モツ

白モツ

その他内臓

正肉・内臓以外

牛肉3D部位解説Beef 3D part commentary

豊西牛(全身)

英名:Toyonishi Beef

脂の少なさ/-

柔らかさ/-

希少性/-

詳細

説明、特長/

牛肉本来の旨味に満ちた赤身肉。2013年「豊西牛」ブランド化。十勝の牛肉の美味しさを、地元をはじめ、北海道、
さらには日本全国の人に知っていただくため、自分たちの誇りと責任をかけ「豊西牛」の名を冠して販売を開始いたしました。
豊西牛はトヨニシファームで肥育したホルスタインの去勢牛です。自社牧場より、毎週出荷するホルスタインの中から数頭を厳選して買戻し
「豊西牛」として販売しています。(内臓は全部のホルスタインを対象としています。)
豊西牛はトヨニシファーム独自の肥育技術により、肉質と味が高水準に安定するように育てられております。
美味しい牛肉の指標とされるオレイン酸含有量も平均48.1%と一般のホルスタインより4%以上多くなっております。(当社調べ)
生産者の顔がはっきりしていて安心安全な、また「いくらでも食べられる美味しさ」と全国の飲食店や物産展で評判のブランド赤身牛肉です。

※各部位の肉質や味の特徴は一般的な牛肉の特徴を記載しております。
ホルスタイン(豊西牛)、和牛、交雑牛と種別ごとに微妙に部位の特徴が変わりますのでご了承ください。
※各部位の形状、位置はわかりやすいようにデフォルメしておりますので実際の形状、位置と違う場合がありますのでご了承ください。
※部位の名称・英名・筋肉名等に間違いがあるかもしれませんのでご了承ください。


  1. ホーム
  2. 牛肉3D部位解説
  3. 豊西牛(全身)
↑ページ先頭へ