Loading...

豊西牛

帯広牛

正肉

マエ

大きく肩ロース(ネック付)、ウデ、マエバラに分かれます。

ロイン

リブロース、サーロイン、ヒレに分かれます

モモ

ランイチ、ソトモモ、ウチモモ、シンタマに分かれます

バラ(トモバラ)

ナカバラ、ソトバラに分かれます。総称してトモバラと呼びます。

その他

内臓

赤モツ

白モツ

その他内臓

正肉・内臓以外

トヨニシファーム牛肉3D部位解説Beef 3D part commentary

肩ロース

英名:Chuck roll

主な筋肉/主に胸最長筋・腸肋筋・頸腹鋸筋・僧帽筋

語源/ローストに適するころから、別名クラシタ

脂の少なさ/★★★

柔らかさ/★★★

希少性/★★

詳細 公式ショッピングサイト

説明、特長/

ロースと呼ばれる部位の中では一番首側で肉塊の大きな部位になります。
「ロース」の呼び名の由来は、ロースト(オーブンで焼くこと)に適することからきています。
肩ロースは適度に脂肪を含み柔らかく、赤身の旨味が濃いのが特徴です。大きな判が取れるためすき焼きなどにお勧めの部位です。
肩ロースは肉質の違う複数の部位に分けることができ、ロース芯はステーキ用に、ザブトンは焼肉用に向いています。
ネック側や体表側にかぶさる肩こぶと呼ばれる部分や、バラ側の肋骨と接する部分は硬い部分となるので、カレー用などの煮込み料理にしていただくのがお勧めです。


お勧め料理/

ステーキ
すき焼き
焼肉

取扱い参考重量/

約15kg/1本(半頭分 ※豊西牛として)※ネック外し鬼すじ除去 

取扱い参考歩留り/

すき焼き用65%、カレー用・煮込み用80%

取扱い加工品/

すき焼き用(ネット販売)
ステーキ用(ネット販売)

このページをシェア

  1. ホーム
  2. トヨニシファーム牛肉3D部位解説
  3. 肩ロース
部位一覧
↑ページ先頭へ